読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

四月は君の嘘  映画公開の前に読んでみた。(ネタバレあり)

こんばんは。 

  

 

今日は、この秋に映画が公開される『四月は君の嘘』を読んでみました。

 

映画も見たいですが先に漫画を読みたい派です(笑)

 

f:id:reecan:20161018131524p:plain

 

 

ここからあらすじ

   ※ネタバレあり

 

 

主人公 有馬公生は、母からスパルタ教育でピアノの指導を受けていた。

 

 

母は病気になってからスパルタ度合いが増していきましだが、

有馬公生は「母を元気にするため」という思い頑張って弾いていました。



あるコンクールで有馬公生は失敗してしまい、母が激怒。

 

 

有馬公生は、日頃の我慢が限界に来て

「お前なんか死んじゃえばいいんだ」と言ってしまう。

 

 

その後少ししてから、母の容体が悪化して亡くなる。

 



有馬公生は、母に言った言葉が罪悪感となって

精神的にまいってしまいピアノが弾けなくなってしまう。

 

 

カラフルに輝いていた音の世界は

一気に「モノトーンの世界」なり

有馬公生はコンクールから遠ざかってしまいました。

 

 

それから3年後の4月

 

 

14歳になった有馬公生は幼なじみの澤部椿から、

同い年のヴァイオリニストの宮園かをり紹介してもらう。

 

 

モノトーンだった有馬公生の世界が、

ヴァイオリンコンクールで

かをりの圧倒的な技術と感情豊かな個性的な演奏を聞き、再度カラフルに色付き始める。

 

 

宮園かをりは、コンクリートのピアノの伴奏として有馬公生を指名して

表舞台に引きずり出すのでありました。

 



二人は私生活でも翻弄していく。

 

 

そして春が来るのか。。。❔

 

 

感動秘話が潜んだストーリーになってますよ。

 

 

この先が気になる方は無料の試し読みからどうぞ。

 

 

試し読みならコミなびで。