読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児 あらすじ

こんばんは。

 

 

今日は、話題になってる
はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害

を読んでみました。

 
f:id:reecan:20160912182030j:image

 

沖田×華さんのアシスタントである君さんと息子・ヨシ君の日常の生活を描いた実話です。

 

 

君さんと旦那さんとの間に待望のヨシ君が誕生。

 

 

育児が始まりましたが、ヨシ君は朝から晩までほとんどの間、泣き続け、唯一静かに寝るのは、授乳してる時だけでした。


 


半年経っても泣き止まず、賃貸住宅では近所から苦情が来るため、分譲マンションを購入します。

 

 


しかし、その後もヨシ君の様子は変わりませんでした。

 


 
これは睡眠障害なのでは?と思い君さんは、病院に連れて行きますが

 

先生に
「…そんなに子供を病気にしたいわけ?」
などと言われて、自分の子育てに悩む君さん。


 


しばらくして、いいお医者さんと巡り合いようやく「睡眠障害」と診断されました。

 


でも睡眠障害の改善は見られないまま。

ヨシ君は小学生になります。

 

 

ところが、学校で問題行動を繰り返してしまうヨシ君・・・。

 

 


先生や他の生徒の親御さんに批難され、今度は発達障害を疑うのでしたが

発達障害の診断は下されません。

 


その後、発達障害の専門病院で「広汎性発達障害」という診断が下されました。

 

 

しかしながら「広汎性発達障害」は療育手帳が交付されないのです。

 

 

なぜならヨシくんは、手帳交付対象のIQ75に満たない85だったから。

 

 

ヨシくんは『知的障害』と『正常知能』のはざまにいるのです。

これを知的ボーダーといいます。


 知的ボーダーと分かってからもいろいろと困難が続きますが

母 君さんの奮闘する姿、ヨシ君の成長を是非読んでみて下さい。

 

 

はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児を読むなら

 ↓ ↓

 おすすめのコミなびで