読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

映画化にもなった漫画 ドクムシのあらすじ

こんばんは。

 

 

映画化にもなった『ドクムシ』を読んでみました。

 

毒虫「ドクムシ」とは

人体に直接または間接的に害のある、危険な昆虫やクモ、ムカデ類。

 

古代においては、器の中に多数の毒虫を入れてお互いに食い合いをさせ、

 

最後に残った最も生命力の強い一匹を用いて呪いをかける呪術・蠱毒(こどく)に使われた。

 

f:id:reecan:20160927162412p:plain

 

あらすじ

 

廃校に閉じ込められた

見ず知らず7人の男女、そのうち1人は少女でした。

 

何故、誰もここに居るのか分かりません。

 

とりあえず自己紹介をする。

 

共通点といえば、新商品の健康ドリンクを飲んだことでした。

 

それに、何か入っていて気を失ってる間にここに連れられてきたと推測。

 

廃校の窓も外へ出るドアも塞がれていて脱出不可能。

 

その部屋にあるのは7日間をカウントダウンする電光掲示板と監視カメラだった。

 

食料はなく水だけは確保出来そうな状況です。

 

そして他の部屋を調べると土鍋と肉切り包丁があった。

 

 

7人のうちの一人が、閉鎖された空間で『蠱毒』を

行わせるのでは?と推測した。

 

――7日間生き残れば解放されるのか?

 

それとも最後の1人になるまで終わらないのか!? 

 

悪夢のゲームが幕を開ける。

 

 

ドクムシを読むならこちらから

リンク先からドクムシと検索してくださいね。