読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

漫画 BUSTER KEEL! バスターキール あらすじと感想

こんにちは。

 

 

BUSTER KEEL! 

バスターキールを読んでみました。

 

週間少年ライバルで連載されていた魔法と冒険のファンタジー漫画です。全12巻。

 

f:id:reecan:20161012094917p:plain

 

あらすじと感想(ネタバレ)

 

主人公のキールは龍猿(ドラゴンエイブ)と呼ばれる魔獣で、シバという一人の魔獣使いによって人間の姿にされてしまう。

 

元の姿に戻るため彼の手掛かりを探す中、彼の弟子である魔獣使いの少女ラヴィとそのパートナーミッピーと出会う。

 

キールは彼らと行動し、シバを見つけて元の姿に戻るため、未だかつてない冒険の旅に出ることに。



この作品はまさに、少年漫画の王道を行くといってもおかしくない、魔法と冒険とロマンが詰まったファンタジー漫画です。

 

全12巻からなるストーリーは、どの話も非常に面白くて感動的な場面がたくさんあります。アクションシーンは迫力があり、見応え充分です。



見所は途中から仲間入りするブルーと、タイトルにもなっている「バスターキール」というチームを結成するところです。

 

ブルーは水鬼と呼ばれる魔獣で、一族を滅ぼした敵を追って旅をしています。

 

キールとブルーは普段は仲が悪いが、敵と戦う時は思いのほか息の合ったコンビネーションを披露するなど、

二人の関係性もまさに少年漫画の王道。旅を通じて仲間たちが徐々にお互いを認めあっていく様子も、この作品の魅力ではないかと私は思います。



内容も非常に読みやすく、王道を地で行く作品となっています。全12巻とお手軽に読める長さとなっていますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

無料で試し読み

BUSTER KEEL!

バスターキールを読むならこちらから

リンク先からバスターキールと検索してくださいね。