読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

怖いけど面白い カラダ探し 感想(ネタバレ)

こんにちは。

 

 

カラダ探しを読んでみました。

 

あらすじとネタバレはこちらから

 

f:id:reecan:20160929200811p:plain

 

感想(ネタバレ)

 

高校生の男女数名が、友人に「私のカラダを探して」と謎の頼みごとをされます。

そして、校舎に集められ、そこで頼まれたカラダを探していく、という話です。

 


まず、カラダ探しをはじめに頼んでくる女の子から怖いです。


髪はサラサラストレートのロングヘアーで、ぶっちゃけると、貞子みたいです。


ここで、かわいい美少女からのお願いだったらもうちょっとモチベーションも上がるだろうにな、とは思いますが、そこはやはりホラー漫画、そんな甘くはないんだなと思いました。

 


カラダとは文字通り、体です。

 


主人公たちはバラバラになった、貞子似の女の子の体を捜して夜の学校を奔走するのです。


夜の学校というだけでもう怖さ満点なのに、そこでは血まみれになった謎の女の子が追いかけてきます。


ものすごく怖いです。


そして女の子に見つかって追いつかれると、殺されます。


今まで話してきた話だけでも十分に怖いのですが、この漫画の一番恐ろしいところは、死んだらそれで終わるのではなく、生き返ってまたカラダ探しをさせられるということです。


つまり、カラダを探すことが出来なかったら、永遠に夜の学校に閉じ込められ、殺される恐怖と痛みのループに閉じ込められることになるのです。


作中のキャラクターも、またあの痛みを経験するなんて嫌だと悲痛なセリフを言います。


終わりの見えない恐怖。


これが、カラダ探しの最大の魅力だと思います。

 

 

無料で試し読み

カラダ探しを読むならこちらから

リンク先からカラダ探しと検索してみてくださいね。