読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りりーの漫画 感想ネタバレ・ブログ

マンガ好きアラフォー女子のスマホで読めるおすすめマンガのあらすじ ネタバレ ブログ

ヒカルの碁  あらすじとネタバレ

こんにちは。

 

 

 

ヒカルの碁を読んでみました。

 

 

主人公・ヒカルが囲碁を通して成長していく話です。

 

f:id:reecan:20161018150610p:plain

 

あらすじとネタバレ

 

主人公のヒカルは幼なじみのあかりと
一緒にじいちゃんの囲碁を触っていました。

 


その時は碁盤に赤いシミがついていて
それをあかりに言ったらあかりには
見えていなくてヒカルだけに見えていました。

 


それで気味が悪いとあかりは帰るっていいます。

 


その時、碁盤の中から誰かが
ヒカルの目の前に現れて、私の声が聞こえるんですね
って言ってきました。

 

その正体は、碁盤に宿っていた平安時代の碁打ち名人、藤原佐為でした。


それからその佐為という幽霊は神の一手を極めるまでは成仏出来ないと
ヒカルに代わりに碁をうってほしいと頼みます。

 

ヒカルはこれから佐為と一緒に碁をすることになります。

 


佐為囲碁教室に行った時にヒカルは
あきらという囲碁が強い子供に出会います。

 


佐為がヒカルに支持をして碁をうっているから
ヒカルはあきらに勝ちます。

 


あきらは自分より強い子供がいた事にショックを受けました。

 


自分の力量を遥か高みから見下ろされている
一手だったからヒカルの事を何者だと思っていました。

 

 

それからあきらはヒカルを探します。

 

そしてまた碁をうちたいと言い、対戦しますがあきらは負けてしまいます。

 


ヒカルは碁を佐為に指示されてうつのではなく、自分でうちたい思い始め
あきらとはよきライバルになります。

 

 

囲碁のルールはよくわからないけれど、

佐為に導かれて碁にのめり込んでいったヒカルの成長過程が面白かったです。

 

 

詳しいストーリーはこちらから

ヒカルの碁を無料で試し読み

リンク先からヒカルの碁と検索して下さいね。